必要性 | 便利なネットワークと利用する際の注意点について

必要性

今後も必要とされる決済代行サービス

インターネット通販はその登場以来、成長を続け、年々利用者を増やしてきました。インターネット通販会社の中には、その代金支払い方法の一つに決済代行サービスを用意しているところも多く、利用しやすいものとなっています。 決済代行は収納代行とも呼ばれ、通販会社と消費者の間に代行業者が入ることによって、クレジットカード決済やコンビニ決済などができるサービスのことです。コンビニ決済は自分の都合の良い時に支払うことができるのが利点で、最近では公共料金や税金などの支払いもできるようになりました。 決済代行サービスに対応した通販会社やコンビニ、銀行ATMなどは増えており、今後もインターネット通販市場の発展とともに増加することが予想されます。

サービスを利用する上での注意点は

決済代行サービスを利用するときは、その支払い方法の利用規定をよく確認する必要があります。例えば、商品が届いてからコンビニなどで後払いをするときには、決められた期限以内に支払わなければなりません。そして、代金を支払った後は領収書や支払証明となるものをもらっておくことも重要です。 また、最近問題となっているクレジットカード利用における個人情報漏洩などのリスクも考えておくことも必要です。これについては、普段から自分のパソコン等通信機器のセキュリティ対策をしておくことはもちろん、通販会社や決済代行会社が実績やセキュリティのしっかりしている会社かどうかを事前に確認しておくのが良いでしょう。 今では日常生活に欠かせないものとなっている決済代行サービスですので、これからも適切に利用していく必要があります。