話題のフランチャイズ

具体的な取り組みとは

介護保険を使うことのできる高齢者の日中預かりを対象にしたデイサービスのフランチャイズが今、話題になっています。 デイサービスのフランチャイズとは、デイサービスの開設から経営までをサポートするためマニュアルがあり、それに基づいてフランチャイズ会社の社員が直接出向いてノウハウを指導するものです。 実務経験や介護経験、施設経営をしたことがのない経営者にとって、まさにありがたいシステムだと言えるでしょう。 しかし、契約書にもうたわれていますが、当然のことながら毎月ロイヤルティが発生します。また、建物の設置場所に関しても、どこにするかは本部の意向に従わねばならず、もちろん、月々の賃貸料は経営者持ちになります。

実際にフランチャイズ化するためには

現在、デイサービスのフランチャイズをおこなう会社は全国に多数あります。 まず、フランチャイズ化を決定する前に考えておかねばならない点があります。 それは、そのような形態のデイサービスを目指すかということです。 デイサービスには、午前午後合わせて日中サービスを行う形態と、午前の部と午後の部で分かれている形態があります。後者に関しては機能訓練特化型といわれるタイプであり、特殊な機械を使用して、高齢者の身体の機能を向上させるものになります。 まずは、このどちらのサービスを提供するのか考えた上で、フランチャイズ化を検討すべきです。 そして、実際にフランチャイズ会社を見つける時も、どのようなコンセプトやノウハウを持っているのかやロイヤルティはいくらかなど聞ける情報はすべて聞いておくべきです。必要とあらば、相見積もりをして各フランフランチャイズ業者に提示してみるのも一つの手でしょう。